2020年度(令和2年度) 宅地建物取引士資格試験までのスケジュール


宅建士試験は、毎年1回、10月の第3日曜日に実施されています。2020年度(令和2年度)は10月18日(日)が試験日となります。ここでは、試験案内(申込書)の配布から合格発表までの主なスケジュールをまとめています。

すでに試験勉強を始められているかたも、これからスタートする方もチェックください。せっかく勉強もしたのに、仕事が忙しくてつい申込み忘れた!とかならないようにスケジュールを把握しておきましょう。

最新版!「2020年試験対策!スタディング宅地建物取引士講座まとめレビュー」はこちら

試験公告から合格発表まで!試験までの主要日程

まず大まかなスケジュールを説明しますと、試験についての概要が6月に発表され、そこで試験日や受験料・申込期限などの情報が分かります。それから7月に試験案内(申込書)の配布があり、10月に試験という流れです。以下が詳しい日程となります。(2月3日に発表されたものをまとめています)

※以下スケジュールの年度は「2020年(令和2年)」です

①試験の公告:6月5日(金)

②試験案内の配布:7月1日(水)~7月31日(金)まで

③受験申込の受付:

(郵送)7月1日(水)~7月31日(金)まで

(インターネット)7月1日(水)9時30分から~ 7月15日(水)21時59分まで(※1)

④試験日:10月18日(日)

⑤合格発表:12月2日(水)

①試験の公告

例年6月の第1週の金曜日に、宅建業法に基づく「実施公告」が官報に掲載されます。
この時点で確定された試験日や受験申込期限、受験料などの試験の概要を確認することができます。
なお、この公告は「一般財団法人 不動産適正取引推進機構」のホームページにも掲載されます。

②試験案内(申込書)の配布

2020年は7月1日(水)から宅建試験の試験案内が配布されます。
例年、試験案内は「一般財団法人 不動産適正取引推進機構」のホームページにも掲載されるので、「試験案内」を入手する前に試験情報を確認することができます。また、「試験案内」の配布場所も掲載される予定です。

試験申込みを郵送でお考えの方は、「試験案内」に申込書が付属されていますのでお早めに入手して申込みください。

③受験申込み

宅建士試験は、郵送、またはインターネットで申込むことができます。それぞれの方法で、申込期間が異なるので注意しましょう。特にインターネットからの申込期限は郵送に比べると短いのでご注意!

郵送での申込みのかたは、早めに「試験案内」を入手ください。受験申込書への記入や、受験手数料の支払い手続きなどが必要ですので早めに準備されることをおすすめします。また、郵送申込みについては、郵便局の郵便窓口から簡易書留で郵送という形式での申込みになります。

なお、郵送、インターネットのどちらの場合でも、受験手数料7,000円が必要になります。

④試験日

試験は、毎年1回、10月の第3日曜日に実施されています。(今年は10月18日(日))
試験時間は13時から15時までの2時間ですが、試験開始前の12時30分から受験に際しての注意事項の説明が行われますので、余裕をもって到着するようにしましょう。

また、登録講習修了者で、試験の一部免除(5問免除)申請をされた場合の試験時間は、13時10分から15時までの1時間50分になります。この場合でも、12時30分から行われる「受験に際しての注意事項説明」までに着席していなければなりませんのでご注意ください。

⑤合格発表

合格発表は、例年12月の第1水曜日、または11月の最終水曜日に行われます。
令和元年度の合否判定基準は、50問中35問以上正解(登録講習修了者 45問中30問以上正解)でした。

発表は、都道府県ごとに、所定の場所(「試験案内」に掲載)・期間に合格者の受験番号、合格判定基準、試験問題の正解番号が掲示されます。また、「一般財団法人 不動産適正取引推進機構」のホームページにも、合格者の受験番号、合格判定基準、試験問題の正解番号が掲示されますので、合格発表会場に出向かなくても合否を確認することができます。

2月から始める試験勉強!タイプ別おすすめ講座

2020年の宅地建物取引士試験日は10月18日です。2月からはじめてもまだ7から8か月程度の時間がありますので、これから勉強を始めれば合格も可能な時期です。

学習の進め方には大きくは独学で勉強していくのか?通信・通学講座で学習するのかに分かれると思います。ですので、今の時期から「独学」で学習を目指す方におすすめの講座と「通信・通学講座」で合格を目指す方におすすめの講座を紹介します。

独学でも活用してほしいスタディングの宅建士講座

おすすめ度
価格 18,500円(税別)~
テキスト教材 講座オリジナルテキスト(WEBテキスト)
講義収録教材 WEB視聴・DVD
標準学習期間 10~12ヶ月
質問・サポート なし ※学習システムによるサポートあり
教育訓練給付制度 対象講座なし
単科講座の受講 なし

管理人は「独学」で受験して合格したタイプです。スタート自体は遅かったのですが、それをカバーするだけの時間をかけて短期で合格までもっていったという感じです。まだ7-8か月の時間があれば計画的に学習をこなせれば合格できると思います。ですが、独学の場合、学習の進め方やポイントの見極めなどが難しく思っているよりも時間がかかります。

そこで活用したいのが通信講座など合格に向けたカリキュラムとポイントを絞った教材・講義です。しかし、通常の通信・通学講座だと受講料が高い!と感じられる方もいると思いますので、そこでおすすめなのがスタディングの宅建士講座なのです。

表を見ていただいて分かるように、スタディングの宅建士講座の魅力は受講料の安さです。安いだけでなく、しっかりとした合格を目指せるカリキュラムと教材がすべてオンラインで受講できます。「独学」で不安になる勉強の進め方やポイントの見極めなどは本講座を利用し学習のパターンを作っていきます。また、通勤時やスキマ時間でも学習しやすい教材ですので時間づくりが苦手なかたや忙しい方にもピッタリな学習スタイルを提供してくれます。

「独学」にこだわって市販の教材で学習を進めること自体は悪いことではありません。ですが実際に「独学」で学習した経験上、より確実に合格を目指すならこうした講義を活用するのは良い先行投資ではないかと思います。ぜひチェックしてみてください。

宅建士合格コース[2020年度試験対応]

一括¥18,500(税別) 分割例 月々 ¥1,833 × 12回から

(ビデオ講座/WEBテキスト/スマート問題集/セレクト過去問集/12年分テーマ別過去問集 付き)

基礎から着実に学ぶことができるため、法律初心者でも無理なく学習することができます。
インプットとアウトプットを最適な学習順で学ぶことができるため、効率的に合格レベルに到達することができます。本コースには、ビデオ講座、スマート問題集、セレクト過去問集、12年分テーマ別過去問集が含まれています。

短期間でも合格ラインを越える学習!フォーサイトの宅建士通信講座

運営会社名 株式会社フォーサイト
講座コース バリューセット
  • バリューセット1 2020年試験対策(基礎+過去問講座)
  • バリューセット2 2020年試験対策(基礎+過去問+直前対策講座)
単科講座
  • 基礎講座 2020年試験対策合格コース
  • 過去問講座 2020年試験対策合格コース
  • 直前対策講座 2020年試験対策
    (法改正・統計資料対策編)
    (択一対策編)
    (2編同時申し込み)
教材内容 テキスト オリジナルテキスト(フルカラー印刷)
講義 ハイビジョン撮影の講義
その他 インターネット学習システム「道場破り®」
サポート内容
  • 質問サポート(Eメールのみ24時間受付)※コースにより上限が異なる
  • フォローメルマガ配信(月一)
  • 講師ブログ、社長ブログ
  • 合格者にAmazonギフトコードを進呈
割引制度 複数種類あり
キャッシュバック・返金制度制度 全額返金保証※「バリューセット2」対象
教育訓練給付制度 対象講座あり

  • バリューセット1 2020年試験対策(基礎+過去問講座)
  • バリューセット2 2020年試験対策(基礎+過去問+直前対策講座)
単科受講・オプション受講 可能
サンプル
講義DVD
含まれてます
公式サイト フォーサイト 宅建・宅地建物取引士通信講座

宅建士合格のための学習時間は平均で200~300時間と言われています。期間にしたら1日2時間で100日~150日となり、4-5か月程度かかる計算になります。ですが、実際には上手く学習が進まずもう少し時間がかかる場合も想定できます。

短期間で効率的に学習して合格を目指したい方におすすめしたいのが、このフォーサイトの通信講座です。受講料などは「独学」で学習するよりはもちろんコストはかかりますが、短期合格を目指すうえでのカリキュラムと短期学習を実践するためのポイントの絞り込みが魅力です。

それに、社会人なら時間が限られているしやるなら一発で合格を目指したいところ。そういう意味でも万全を期して挑むという点では他社と比較しても受講料が業界屈指の安さの本講座がおすすめと言えます。受講料の面だけでなく、カリキュラム・教材も評価は高いです。

テキスト教材は短期効率的に合格ラインを越えるというだけあって、無駄を省いて通常の4/9のボリュームまで圧縮。動画講義はハイビジョン撮影の高品質動画で受講生の学習をしっかりサポートしてくれます。

「独学」では不安を感じる、何としても今年で合格を目指したい!というかたにはフォーサイトの通信講座が総合的におすすめです。本サイト内で他通信講座も紹介していますので一度比較検討されるのも良いかと思います。

バリューセット1

基礎講座42,800+過去問講座42,800⇒合計85,600

キャンペーン価格⇒¥56,800円(税抜・送料別)
※クーポン利用でさらにお得に! ※キャッシュレスキャンペーン実施2020年6月30日まで

バリューセット2

基礎講座42,800+過去問講座42,800+直前対策講座19,600⇒合計105,200

キャンペーン価格⇒¥66,800円(税抜・送料別)
※クーポン利用でさらにお得に! ※キャッシュレスキャンペーン実施2020年6月30日まで

コメントを残す

宅建士の通信講座人気ランキング!

フォーサイト

フォーサイトの宅建士通信講座

最短・最速で合格を目指すための教材・講義の品質の高さが特徴の本講座。テキストはフルカラー仕様、講義もハイビジョン撮影と品質はピカイチです。内容も試験傾向を分析して改定されてるので無駄なく学習を進められます。受講料もキャンペーン割引でぐっと安くなるので費用面でも魅力です。

資料請求はこちら

クレアール

クレアールの宅建士通信講座

試験合格必要得点範囲に絞った学習“非常識合格法”が特徴の本講座。宅建指導歴27年の氷見敏明講師執筆のテキストと問題集が完全リンクしてるので理解が進みます。マルチデバイス対応の映像学習システム“Vラーニングシステム”や合格サポート体制も充実してるのではじめての方でも安心して受講できます。

資料請求はこちら

スタディング

スタディング 宅建士講座

紙ベースのテキストや問題集がな、いつでも・どこでも場所を問わず勉強できるの特徴の本講座。短期間で合格された方の勉強法を徹底的に研究し、初心者でもわかりやすいビデオ講座や問題集など教材もしっかりと用意されています。受講料も通信講座に比べて格安で提供されているのも魅力です。

資料請求はこちら