宅建士試験対策は最初が肝心!後悔しないテキストの選び方

みなさんは宅建士受験を決めてから最初に何から始めましたか?多くのかたが、まずは独学で受験するか講座を受講するかで迷われることが多いかと思います。学習方法は人それぞれでありますが、どの学習方法においても必ず”テキスト”が存在します。

テキストは試験に必要な基礎知識・情報がまとめられていて、そこで学ぶ知識を基に試験問題を解いていくためのいわばバイブルです!このテキスト選びを間違えてしまうと大変なロスにつながりかねません。だから、本気でテキストは選んでいただきたいので、その重要性と選び方についてまとめました。特に、はじめて宅建士を目指されるかたは、迷われることも多いと思いますので、ぜひ参考にしてください。

後悔しないために!最初のテキスト選びが大切なわけ


はじめての方も、学習経験があるかたでも、どのテキストをえらべばいいのか?と悩まれる方はおおいはず。この最初のテキスト選びで何となくやよく中身を確かめずに選んでしまうと後々大変なことになりかねません。

例えば、最初に選んだテキストがもうひとつ自分にしっくりこなくて他のテキストに乗り換えようとします。テキストはそれぞれでまとめ方も違いますし特徴もあります。つまり個性が存在します。同じ単元であってもまた最初からそのテキストの個性に合わせてやり直すことになります。これは、それぞれのテキストによってまとめ方が違うので重複や漏れがあってはならないからです。

ですので、テキストを乗り換えるというのはよろしくないです。原則、最初に決めたテキストを最後まで使いとおすのが原則です。そのほうが時間的にもロスが少なく学習漏れも防ぐことができます。最初にテキストを選ぶことを軽く扱うことで、後々公開することも十分にありますので、まずはテキストを選ぶ重要性をしっていただき、試験までのベストパートナーを吟味して見つけてください。

最後は相性!自分に合うテキストの選び方


まずは、どんなテキストがあるのか、大きな書店等で確認しましょう。書店に行くのが大変という方はウェブで調べたり各テキストの特徴などを知るところからでも良いでしょう。どれくらいの種類で、価格帯はどれくらいか、ということが分かれなければ、選ぶこともできません。

次に、それぞれのテキストを手に取ってみて、同じ項目のページを比べてみましょう。各テキストでまとめかたも違えば、解説や補足情報の量なども違いますので、最も詳しいものを選ぶのがおすすめです。試験はテキストに書かれていることが基本です。何度も読み返して反復学習しなければならないのですが、そこに必要な情報がなければ意味がありません。また、テキスト一冊に判例や過去問などを何でもまとめてあることは多くないです。

ほとんどが似通った書き方になっていますので、その中でも、他の情報、たとえば判例などについてのメモや示唆程度があるか、ないか、を判断基準にしても良いでしょう。調べたいと思ったら、すぐに調べられるようメモや示唆があると、学習の進捗に合わせて利用できるので、長く使えるテキストと言えます。

最後は、相性です。長く使うことを考えたら、色あい(フルカラー、単色)や配置、文字の大きさ、テキストの厚さなど、好みも大事です。特に、通勤時間を利用して電車内でテキストを読みたいなら、分厚いテキストは事実上向いていないでしょう。単元ごとや上下巻に分れているようなものが、適しているかもしれません。

実際、多くのテキストは宅建試験に必要な内容を各社で分析・改良して編集しています。だから、同じような記載内容に見えるので正直迷うことは多いと思いますので、どっちにするか迷ったら、最後は好みで良いと思います。価格で迷ったら、多少高くても後から追加で参考書などと購入するとしたら、どっちがお買い得か、と考えてみましょう。

宅建士合格の時間効率を高めるテキスト!要チェック通信講座


ここまでは、テキストの選ぶ重要性とその具体的な選び方について紹介してきました。お近くの書店やネットで購入できるものを対象に話を進めましたが、実はもう一つチェックしておきたいことがあります。それが、通信講座のテキストです。

通信講座を提供している各社教材の多くは独自で編集・作成されているオリジナルテキストを使用しています。そのオリジナルテキストは過去の試験問題や出題傾向をもとに分析して作られている、いわば試験合格のためのノウハウがつまったテキストだといえます。例えばフォーサイトの通信講座で使用されるテキストは他のものよりも4/9まで内容を凝縮しています。これは、極力無駄を省いて試験合格のラインを越えることに注力しているからです。学習するポイントが絞られていることで、時間効率を高めながら合格を目指せるということです。詳しくは当サイトの「宅建士通信講座!フォーサイトの教材が選ばれる3つの理由(ワケ)」を参照ください。
⇒「宅建士通信講座!フォーサイトの教材が選ばれる3つの理由(ワケ)」

このように、通信講座の教材は試験合格を目標とした内容になっていて、受験するなら一発で合格したいひとや、社会人の方で仕事と勉強を両立させたいかたや、時間効率を高めたいかたなどに向いていると思います。もちろん、はじめて宅建士を目指される方にも良い教材だと思います。なぜなら、一般的なテキストを読むだけでは試験範囲が広い宅建士試験内容の要点を掴むだけでも苦労します。ですが、通信講座ではどこがポイントなのかを説明を受けながら進められるので、ポイントを確実につかめます。また、誤った覚え方をしなくもなります。

テキスト単体での比較ではなくなりましたが、冒頭でも言ったように最初が肝心です。独学で合格を目指される方はどのテキストを選ぶのかをしっかりと見定めてスタートしてください。また、テキストや学習内容と合わせて検討されている方は通信講座もチェックしてみてください。無料の資料請求でサンプルテキストや動画講座なども確認できるのでチェックしてから選んでも遅くはありません。宅建士試験に向けて、まずは納得のいく形でスタートが切れるように検討してから始めてください。

コメントは受け付けていません。

宅建士の通信講座人気ランキング!

フォーサイト

フォーサイトの宅建士通信講座

最短・最速で合格を目指すための教材・講義の品質の高さが特徴の本講座。テキストはフルカラー仕様、講義もハイビジョン撮影と品質はピカイチです。内容も試験傾向を分析して改定されてるので無駄なく学習を進められます。受講料もキャンペーン割引でぐっと安くなるので費用面でも魅力です。

資料請求はこちら

クレアール

クレアールの宅建士通信講座

試験合格必要得点範囲に絞った学習“非常識合格法”が特徴の本講座。宅建指導歴27年の氷見敏明講師執筆のテキストと問題集が完全リンクしてるので理解が進みます。マルチデバイス対応の映像学習システム“Vラーニングシステム”や合格サポート体制も充実してるのではじめての方でも安心して受講できます。

資料請求はこちら

スタディング

スタディング 宅建士講座

紙ベースのテキストや問題集がな、いつでも・どこでも場所を問わず勉強できるの特徴の本講座。短期間で合格された方の勉強法を徹底的に研究し、初心者でもわかりやすいビデオ講座や問題集など教材もしっかりと用意されています。受講料も通信講座に比べて格安で提供されているのも魅力です。

資料請求はこちら